閉じる
  1. 定年後の生活設計
  2. 定年退職と失業保険
  3. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?
  4. 定年後の社会保険料と税金
  5. 年金はいくら貰えるか?
  6. 国民年金を60歳から受給する場合
  7. 定年後に必要な生活費
  8. ねんきん定期便の見方
  9. 定年後の保険の見直し
  10. 退職金はいくら貰えるか?
閉じる
閉じる
  1. 銀座まるかん社長 柴村恵美子さんの講演会
  2. 定年後の保険の見直し
  3. 定年退職と失業保険
  4. 国民年金を60歳から受給する場合
  5. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?
  6. ねんきん定期便の見方
  7. 年金はいくら貰えるか?
  8. 退職金はいくら貰えるか?
  9. 定年後の社会保険料と税金
  10. 定年後に必要な生活費
閉じる

Keyプランニング

定年後に必要な生活費

定年後の人生設計を考えるうえでまず考えないといけないのが、定年後に必要な生活費です。

でも、いきなり、定年後の生活費がいくら必要かと言われても、なかなかイメージしずらいですよね。

そんなときは、現在の生活費から考えていきましょう。まず、現在の生活費を書き出してみましょう。これは家計簿をつけていればすぐにわかりますが、今まで家計簿をつけていなかったとしたら、以外に難しいかもしれませんね。でも、定年後の生活費を考えるには必要な事なので、頑張ってこれからは家計簿をつけてみましょう。

家計簿の区分けとしては ・食費(外食も含む) ・住居費(地代家賃、修繕費等) ・光熱・水道費 ・家具・家事用品費 ・被服および履物費(靴等履物も含む) ・保健医療費(医療費や薬代、健康器具、サプリメントなど) ・交通・通信費(電車・バス代、ガソリン代、車のメンテナンスなど) ・教育費 ・教養娯楽費(書籍やレジャー代等) ・その他(おこづかい、保険代、冠婚葬祭、保険代など)

現在の生活費がわかれば、次に、定年後の生活費を見積もるのですが、ここで参考になるデータがあります。

消費支出

上の表は、総務省の家計調査のデータです。 この表からわかることは、60歳の定年前と定年後で生活費(消費支出)はあまり変わらないという事です。

定年になったからといって、生活費はあまり変わらないのです。定年前に比べて定年後に減っているのは、教育費、交通・通信費、その他の支出くらいで、実質的な生活費はほとんど変わらないのです。

定年前は、「定年後は生活費が少なくて済むだろうから、何とかなるだろう」と思っていませんでしたか? これが大きな間違いなのです。

定年後の生活費も定年前とほとんど変わらないのです。

定年後の生活費の大凡がわかったので、毎月の生活費を30万円として、平均余命(20年)から必要なお金を見積もると

30万円✕12ヶ月✕20年=7,200万円

となります。しかしこれは、夫婦が同時に亡くなった場合であって、平均余命から考えると女性の平均余命は男性より約6年長いので、この期間の生活費も必要になります。これも考慮すると、定年後に必要な生活費として、約1億円近く必要という事になります。

定年前に、定年後の生活費としてこれだけの金額を準備出来る人が、果たしてどれだけいるのでしょうか?

 

関連記事

  1. 定年後の保険の見直し

  2. 定年後の生活設計

  3. 定年後の社会保険料と税金

  4. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?

おすすめ記事

  1. 定年後の保険の見直し
  2. 定年退職と失業保険
  3. 国民年金を60歳から受給する場合
  4. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?
  5. ねんきん定期便の見方

無料保険相談

保険マンモス
スポンサードリンク
ページ上部へ戻る