閉じる
  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
閉じる
閉じる
  1. ワードプレスの引っ越しで画像が表示されない時の対処法
  2. WordPressやプラグインのアップデート後に不具合が起きた時の対策…
  3. ワードプレスの記事引っ越し手順
  4. Cocoonのテーマにて日付表示を非表示にする方法
  5. サーチコンソールのカバレッジのエラーの対処法
  6. Invisible reCaptcha の設定
  7. for文 PHPでの繰り返し処理
  8. while文 PHPでの繰り返し処理
  9. foreach文 PHPでの繰り返し処理
  10. if文 PHPでの条件分岐
閉じる

ワードプレスとスマホで稼ぐアフィリエイト戦略

PHPでのデータの連結

PHPにはデータの連結という便利な機能があります。
PHPで、必要なタグを何度も書いてもいいのですが、ピリオド「.」を使うと2つの変数の値をつなげることができるのです。
文章で説明してもわかりづらいので、下記の例をみてください。

出力結果は、どの書き方でも同じですが、データを連結するとPHP文が1行で済みます。

PHPでのコード連結の例

まずは、連結しない書き方です。
<?PHP
$today = date(‘Y年m月d日’);
$weekday_youbi = array(“日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”);
$weekday_number = date(‘w’);
?>
今日は、<?PHP echo $today; ?>
<?PHP echo $weekday_youbi[$weekday_number]; ?>曜日です。

出力結果

今日は、
曜日です。

「.」でデータを連結した例です。
<?PHP
$today = date(‘Y年m月d日’);
$weekday_youbi = array(“日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”);
$weekday_number = date(‘w’);
?>
今日は、<?PHP echo $today . $weekday_youbi[$weekday_number]; ?>曜日です。

出力結果

今日は、曜日です。

次のように全てをechoで出力することもできます。
<?PHP
$today = date(‘Y年m月d日’);
$weekday_youbi = array(“日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”);
$weekday_number = date(‘w’);
?>
<?PHP echo ‘今日は、’ . $today . $weekday_youbi[$weekday_number] . ‘曜日です。’; ?>

出力結果

全体をダブルクォーテーション「”」にすることもできます。
<?PHP
$today = date(‘Y年m月d日’);
$weekday_youbi = array(“日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”);
$weekday_number = date(‘w’);
?>
<?PHP echo “今日は、$today$weekday_youbi[$weekday_number]曜日です。”; ?>

出力結果

シングルクォーテーションとダブルクォーテーションの違いは、シングルクォーテーションでは、文字列として認識されるのに対し、ダブルクォーテーションでは、変数として認識されて、引数の値が出力されます。

同じ結果を得るにも、いろいろな書き方がありますので、使いやすい書き方を使いましょう。

関連記事

  1. PHPでの配列の指定

  2. date PHPで日付の処理を行う関数

  3. for文 PHPでの繰り返し処理

  4. foreach文 PHPでの繰り返し処理

  5. echo PHPで文字列を表示

  6. if文 PHPでの条件分岐

おすすめ記事

  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
ページ上部へ戻る