閉じる
  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
閉じる
閉じる
  1. ワードプレスの引っ越しで画像が表示されない時の対処法
  2. WordPressやプラグインのアップデート後に不具合が起きた時の対策…
  3. ワードプレスの記事引っ越し手順
  4. Cocoonのテーマにて日付表示を非表示にする方法
  5. サーチコンソールのカバレッジのエラーの対処法
  6. Invisible reCaptcha の設定
  7. for文 PHPでの繰り返し処理
  8. while文 PHPでの繰り返し処理
  9. foreach文 PHPでの繰り返し処理
  10. if文 PHPでの条件分岐
閉じる

ワードプレスとスマホで稼ぐアフィリエイト戦略

PHPでの配列の指定

C言語などのプログラムと同じように、PHPでも配列を指定して、複数のデータをひとまとまりのものとして扱うことができます。
配列を指定しておくと、同じカテゴリのデータをひとかたまりのものとして扱えるのでとても便利です。

PHPでの配列の指定方法

PHPで配列を指定する時は、先頭にドルマーク「$」をつけた変数に、複数のデータを指定します。

PHPで配列を取り出す時は、配列を格納した変数の後ろに、取り出したい番号を[]で囲ってつけます。

配列を取り出す時の注意点として、配列の1番最初のデータが0番目のデータになることです。

つまり、2番めのデータを取り出す時は、$変数名[1]と指定します。

PHPでの配列指定の例

<?PHP
$today = date(‘Y年m月d日’);
$weekday_youbi = array(“日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”);
$weekday_number = date(‘w’);
?>
<p>今日は、<?PHP echo $today; ?>です。</p>
<p>今日の曜日は、<?PHP echo $weekday_youbi[$weekday_number]; ?>曜日です。</p>

出力例

今日は、です。
今日の曜日は、曜日です。

関連記事

  1. PHPでの変数の指定

  2. while文 PHPでの繰り返し処理

  3. for文 PHPでの繰り返し処理

  4. if文 PHPでの条件分岐

  5. foreach文 PHPでの繰り返し処理

  6. PHPでのデータの連結

おすすめ記事

  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
ページ上部へ戻る