閉じる
  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
閉じる
閉じる
  1. ワードプレスの引っ越しで画像が表示されない時の対処法
  2. WordPressやプラグインのアップデート後に不具合が起きた時の対策…
  3. ワードプレスの記事引っ越し手順
  4. Cocoonのテーマにて日付表示を非表示にする方法
  5. サーチコンソールのカバレッジのエラーの対処法
  6. Invisible reCaptcha の設定
  7. for文 PHPでの繰り返し処理
  8. while文 PHPでの繰り返し処理
  9. foreach文 PHPでの繰り返し処理
  10. if文 PHPでの条件分岐
閉じる

ワードプレスとスマホで稼ぐアフィリエイト戦略

WordPressのプラグインとは?

WordPressの特徴は、豊富なテーマやプラグインが用意されていて、それらを使うことでデザインを変えたり、機能を追加したりする事が簡単にできるという、拡張性にあります。

2013年2月現在で、公式でダウンロード出来るテーマは1,600以上、プラグインは23,000以上もあります。

テーマやプラグインは、公式なもの以外にも、有料又は無料で配布されているものもたくさんありますし、自分でテーマやプラグインを作ることもできるのです。

こういった拡張性があるから、WordPressが世界中で利用されているのですね。

テーマがWordPressのデザインを管理するのに対し、プラグインはWordPressの機能を拡張します。
WordPressというのは、本体をできるだけシンプルにして、テーマとかプラグインを追加することによって拡張していきます。

このテーマやプラグインは、『PHP』という言語で作成されたファイルです。
テーマやプラグインを修正したり、自分で作成するにはPHPという言語を知らないといけませんが、単にプラグインを使うだけなら、WordPressのダッシュボードの設定からほとんどの事が設定できますので、PHPを知らなくても大丈夫です。

でも、PHP言語の基礎を知っていた方が、いろいろと自分で変更したり、試したりもできるので、興味のある方はPHP言語も勉強してくださいね。

関連記事

  1. プラグインのインストール

  2. プラグインの有効化

おすすめ記事

  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
ページ上部へ戻る