閉じる
  1. ねんきん定期便の見方
  2. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?
  3. 国民年金を60歳から受給する場合
  4. 定年退職と失業保険
  5. 定年後の社会保険料と税金
  6. 定年後の保険の見直し
  7. 年金はいくら貰えるか?
  8. 定年後の生活設計
  9. 退職金はいくら貰えるか?
  10. 定年後に必要な生活費
閉じる
閉じる
  1. 銀座まるかん社長 柴村恵美子さんの講演会
  2. 定年後の保険の見直し
  3. 定年退職と失業保険
  4. 国民年金を60歳から受給する場合
  5. 60歳から65歳の間は働いたほうがいいか?
  6. ねんきん定期便の見方
  7. 年金はいくら貰えるか?
  8. 退職金はいくら貰えるか?
  9. 定年後の社会保険料と税金
  10. 定年後に必要な生活費
閉じる

Keyプランニング

ファイナンシャルプランナーの情報サイト|Keyプランニング

人生を変えちゃうコツうなづく打ち出のこずち、相手のことを認めること、考えは違ってもいい、相手を乗せる斎藤一人さん土地・株以外での累計納税額日本一、10人の弟子がいるが柴村恵美子さんは一番弟子一人さん・考え…

定年後の収入は限られてくるので、定年後の生活設計を考えるとき、最も重要なのが支出を減らすことです。しかし、毎月の生活に必要な生活費を洗い出してみると、定年になったからといって、支出を大きく減らせる項目はあまりありません。その中で、支…

 60歳で定年退職した後、直近の生活費として考えられるのが「失業保険」です。 失業保険という名前から、定年退職の前に失業してしまった時にしかもらえない保険だと勘違いしている人もいますが、定年退職でも失業保険は貰えます。 雇用…

 国民年金の老齢基礎年金は、原則として65歳からの支給になりますが、60歳の定年以降何も収入が無くて困る人もいるので、この国民年金を早めに受け取ることも出来ます。 国民年金を65歳より早く貰うことを「繰上げ支給」といいます。この繰上…

定年後の生活設計として、年金だけでは十分では無いということを前の記事でお話しました。定年後の中でも、特に65歳までの間は、老齢基礎年金が支給されないので、この期間の生活が非常に厳しくなります。そうすると、定年後も、少なくとも…

自分の年金がいくら貰えるのかは、「ねんきん定期便」をみればわかります。年金定期便は、誕生日月に送られてきますので、既に何度か見たことがあると思いますが、内容をじっくりと見てみましたか?年金定期便には、1.これまでの年金加入期…

ほとんどの人にとって、定年後の収入の柱は、「年金」ですね。年金の話題は、新聞やテレビ、雑誌などで頻繁に取り上げられるので、年金についてはいろいろな噂が独り歩きしているように思えます。定年後の収入の柱として年金を考えるなら、自…

定年後の生活費がどれくらいかかるかとう事がわかれば、次に、その生活費をどうやって工面するかという事を考えましょう。定年後に備えての生活費で最も大きいのが退職金です。何となく、定年後の生活費は退職金があるから大丈夫だと考えてい…

前の記事で、定年後の生活費を見積もりましたが、この生活費に含まれていない費用があります。それは、社会保険料と税金です。社会保険料というのは、厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料、介護保険料のことです。会社を定年にな…

定年後の人生設計を考えるうえでまず考えないといけないのが、定年後に必要な生活費です。でも、いきなり、定年後の生活費がいくら必要かと言われても、なかなかイメージしずらいですよね。そんなときは、現在の生活費から考えていきましょう…

さらに記事を表示する

無料保険相談

保険マンモス
ページ上部へ戻る