閉じる
  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
閉じる
閉じる
  1. ワードプレスの引っ越しで画像が表示されない時の対処法
  2. WordPressやプラグインのアップデート後に不具合が起きた時の対策…
  3. ワードプレスの記事引っ越し手順
  4. Cocoonのテーマにて日付表示を非表示にする方法
  5. サーチコンソールのカバレッジのエラーの対処法
  6. Invisible reCaptcha の設定
  7. for文 PHPでの繰り返し処理
  8. while文 PHPでの繰り返し処理
  9. foreach文 PHPでの繰り返し処理
  10. if文 PHPでの条件分岐
閉じる

ワードプレスとスマホで稼ぐアフィリエイト戦略

ワードプレスを始めよう

最近人気のワードプレスですが、ワードプレスを始めたくても、敷居が高くて

なかなか始められないという事を良く聞きます。

確かに、ワードプレスは、サーバーにインストールしないといけないので

難しいという印象があります。

しかし、レンタルサーバーを借りているなら、思ったより簡単にワードプレス

をインストールする事ができます。

私も、「これからはワードプレスだ」という事を聞き、ワードプレスを始めたいと

思っていましたが、難しそうでなかなかワードプレスを始める事ができません

でした。

しかしながら、いつまでもこのままではいけないと思って、ワードプレスを

インストールしてみようと思って、このサイト(ブログ)を作成しました。

私の使っているレンタルサーバーは、Xサーバーでしたので、

まずは、Xサーバーの管理画面から、データベースを作成しました。

データベースを登録して、のユーザーを追加すれば、後は、Xサーバーに

準備されている、ワードプレスの簡単インストールを使うと、

あっと言う間に、ワードプレスがインストールされました。

後は、IDとパスワードを設定すれば、ブログが完成しました。

ブログのタイトルを決めて、ブログ説明を入力したりするのは、

普通の無料ブログと同じ感覚なので、特に戸惑うこともありませんでした。

Xサーバーの場合は、ワードプレスの簡単インストールを使う前に、

データベースの設定が必要だったのですが、さくらサーバーとか

ロリポップでは、簡単インストールの中でデータベースの割り当ても

設定されるので、更に簡単にワードプレスがインストール出来る様です。

ワードプレスが人気なのは、たくさんのテーマ(無料ブログのテンプレートに相当)

とプラグインが準備されているからなので、ワードプレスのインストールが終わったら、

次にテーマ(テンプレート)を設定しててみます。

関連記事

  1. ワードプレスの記事引っ越し手順

  2. Invisible reCaptcha の設定

  3. WordPressやプラグインのアップデート後に不具合が起きた時…

  4. 複数のブログをマルチサイトに移行する方法

  5. ワードプレスの引っ越しで画像が表示されない時の対処法

  6. Cocoonのテーマにて日付表示を非表示にする方法

おすすめ記事

  1. Exec-PHP WPでPHPを使用する時
ページ上部へ戻る